頑固一徹 有機栽培茶 有機栽培の伊勢 大台茶|やまりん製茶

ロゴ やまりん製茶
ロゴ JAS

お電話でのご注文・お問い合わせは

電話番号
0598-85-0580

お茶の豆知識

お茶の賞味期限

お茶の葉は一見乾いているように見えますので、保存食のようなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実はお茶には3%の水分が含まれております。これはお菓子のクラッカーと同じくらいです。
購入後、時間が経っても見た目に変化はありませし、開封前であれば体に悪いことはほぼありません。ですが、味は風味は時間や保管状態によって落ちていきますから購入後は早めに使い切るのが安心です。
賞味期限として表示されている期間は未開封の時期です。
開封後は空気や湿気に触れないようにして、2週間程度で使い切っていただくのが理想です。

開封前

パッケージに記載してる期間は、未開封の賞味期限です。直射日光を避けて、常温で保存します。
未開封で長期間保存する場合は、そのまま冷凍庫へ。冷蔵庫でも問題ありませんが、他の食品からにおいが移ることもありますので、冷凍庫の方がおすすめです。
開封する際は室内に置いて、常温に戻してからお飲みください。

開封後

開封した後は空気に触れるとお茶の風味が徐々に失われていきます。目安は2週間ですが、過ぎてしまったからと言って捨てる必要はありません。できるだけ密封できる容器に入れて、直射日光の当たらない常温の場所に置きます。コンロの側や香りの強いものの側は避けましょう。
また、梅雨や夏場は劣化が早まりますので、ぜひお早めにお召し上がりください。

美味しいお茶の淹れ方(煎茶)

美味しさの目安(5杯分)

茶葉の量 お湯の温度 お湯の量 抽出時間
10g 80℃ 300ml (1人当たり60ml) 深蒸し茶:30秒
煎茶:60秒

手順

STEP1

人数分のお茶碗にお湯を8分目ほど入れてお湯をさまします。(上茶で約70℃ 並茶で約90℃)
1人分のお湯の量は上茶で約60ml、並茶で90mlです。

STEP2

お茶の葉を急須に入れます。5人分で10g、2~3人分の場合は1人分3gくらいを目安とします。
ご家庭にある小さじ(ティースプーンなど)が2~3gです。

STEP3

茶碗でさましたお湯を急須に注ぎ、60秒(深蒸し茶は30秒)ほどお茶が出るのを待ちます。

STEP4

お茶は廻しつぎし、分量を均等に濃淡の出ないようにして、絞りきります。美味しく味わえる温度は約50~60℃くらいです。

上手に入れて美味しくいただきましょう

お茶レシピ

当社の粉末緑茶を使用した簡単なレシピをご紹介いたします。
粉末にした緑茶は、茶葉ごと食べて栄養を取れる健康茶です。
ぜひいろいろとお試しください。

抹茶風アイス

とっても簡単にできる抹茶風アイスです。
いつものバニラアイスに粉末緑茶を振りかけるだけ。
ちょっとしたひと手間で本格的な抹茶アイスをお楽しみください。

抹茶風パンケーキ

粉と水を混ぜる段階で粉末緑茶を小さじ1杯、一緒によく混ぜます。あとはいつも通り焼くだけ。ホイップクリームやあんこなどを添えて抹茶パンケーキの出来上がりです。

▲PAGETOP

より新茶を楽しむ方法とは

三重県はお茶の産地として日本国内でトップクラスを誇ります。その中でも新茶は旬の時期だけの風味があり、毎年4月から6月の期間楽しめます。どのようなことに意識すれば新茶を楽しめるのでしょうか。

ギフトにお茶が選ばれる理由

お中元やお歳暮・法事の際など、お茶は多くのシーンでギフトとして選ばれており、いただいたことがあるという方も多いと思います。なぜ、多くのシーンでお茶が選ばれているのでしょうか。こちらでは、ギフト・贈答品にお茶が選ばれている理由についてまとめています。

伊勢茶を知る

日本茶は日々の生活の中にも溶け込んでいます。その種類は豊富にあり、聞いたことのない、飲んだことのないもの多くあると思います。三重県で作られている伊勢茶というものをご存知でしょうか。こちらでは、伊勢茶についてご紹介致します。

お茶の活用法

煎茶・番茶・玉露・新茶など日本人にとって馴染み深く、欠かすことのできないお茶は「飲む」以外にも活用法があるのです。お茶はお歳暮やその他の様々な場面でギフト・贈答品として贈られることが多いので、余ってしまって困っている方も多くいらっしゃると思います。自宅に賞味期限が切れてしまっているお茶があるというみなさん、捨てずに活用してみませんか。こちらでは、お茶のいろいろな活用法についてご紹介致します。

お茶の種類

普段何気なく口にしているお茶ですが、煎茶・番茶・ほうじ茶など、種類豊富にあります。お茶の違いをご存知の方はどのくらいいるでしょうか。世界的にお茶がブームになっている今、日本人だからこそお茶について知っておきたいものです。こちらでは、お茶の種類についてご紹介致します。

▲PAGETOP

お茶請けの豆知識

お客様にお茶を出す際、一緒にお茶請けを出すこともあります。訪問先でお茶請けとお茶をいただいたことがあるという方も少なくないでしょう。今では当たり前に出されているお茶請けですが、みなさんはお茶請けのことをどのくらいご存知ですか。こちらでは、そんなお茶請けについての豆知識をご紹介致します。

お茶の雑学

私たちにとって身近な飲み物である「お茶」ですが、意外と知らないことがたくさんあります。
こちらでは、お茶の雑学をご紹介致します。

急須の選び方とお手入れ方法

お茶を美味しく味わうために急須は必要不可欠な道具です。急須の形だけではなく素材や茶こしの形によってお茶の味も変化します。お茶を美味しく淹れるのはもちろんですが、お気に入りの急須があることでさらにお茶の時間を楽しむことに繋がります。急須の形や使い勝手にこだわってお茶を楽しんでみませんか。

カテキン効果で体脂肪低下を目指そう

日本人が古くから親しんでいるお茶には、健康維持を期待できる成分や役立つ効能が含まれています。
お茶にはカテキンという成分が含まれており、脂肪を燃焼しやすくする成分でもあります。
ぜひお茶に含まれるカテキン効果を活用してみませんか。

お茶出しをする時のマナー

お茶は自宅で楽しんだり贈り物として親しまれていますが、オフィスなどでもお茶はおもてなしとして出す機会があります。また、ご自宅での来客の際にお茶を出すこともあります。美味しいお茶を淹れるのはもちろんですが、お茶を出す際にも美味しく出せるように意識してみてください。

▲PAGETOP

ご注文・お問合わせ

お電話でのご注文・お問い合わせは

電話番号
0598-85-0580

メール・FAXでのご注文は